イチゴ狩り

f:id:linlingo:20180101075352p:image

名古屋に住んでいる私の従兄弟が子連れで帰ってきたから

イチゴ狩りに行こうと連絡があった。

義両親が来るからお迎えする準備をしないといけないのに現実逃避したくなった私は喜び勇んで行く!!

とりあえず、布団の準備と寝る部屋に掃除機はかけたから良しとしよう。

部屋が散らかっているのは毎度のことだ。これでも、以前よりは片付いているはず笑

ちょっと前までインフルエンザで死んでたからそれを免罪符に使おう!!

お義母さんも分かってくれるはず笑

何年か前、年末から来た義両親をこき使った私。きっとあちらもかなりの覚悟をしてきているはず笑

さて、私は運転が得意ではない。日常ではほとんど決まったルートしか運転しない。

だから、ルート外に行く時は決死の覚悟。

イチゴ狩りの場所はそんなに混雑した道じゃない上に田舎道だからなんとかいけるだろうと行ってみた。

でも、車のナビが本当に使えなくて右折のところを左折と言い、目的地が近くなったと案内を止めてしまった。

住宅街で放置される私😭

本当にナビ嫌い。

母から電話があり大通りまで戻ってこいと!でも、もうここがどこだか分からなくなってしまった。iPhoneの地図で一生懸命探して何とか母が立っている場所まで向かい。

会うことができた。

10分遅れで到着して無事にイチゴ狩りできた❤️

料金がいらなかった下の子が一番イチゴを食べていた。洋服がイチゴの色素で染まって

真っ赤になっていた。上の子は最初は楽しんでいたけど、食べるだけに飽きてしまってグズグズ言い始めた。

次の日の餅つきで使う苺大福の分も収穫して大満足のイチゴ狩りだった。

また、行きたいな〜。

creditcard-c.com