1年間のご褒美に

小学生になって1年が終わった。

長かったような短かったような。

あっという間だったね。親子共々初めてのことの連続だから戸惑うことも多々あった。

でも、まわりの人たちに助けてもらいながらなんとか元気に過ごせた。

先生にもお友達にも恵まれて、登校を渋ることなく毎日学校に行けた。

朝は小3のお友達が迎えにきて一緒に行く。1人だったら私も上の子も不安だったろうな〜。Yちゃんありがとう!!

この日はお祝いにお昼ご飯は外に食べに行こうと約束していたから帰ってきたら、すぐにお店に向かった。

リクエストでお寿司屋さんに行ったんだけど、上の子は生のネタは食べないんだよね。

サーモンの炙りとかお稲荷さんとか納豆巻きとかだいたい決まっている。

そんなんばっかりで美味しいのかなと生の魚が大好きな私としてはなんとも言えない気持ち。

オリコカード 審査の秘密

でも、みんなを満足させてくれるのでありがたいね。

下の子はうどんと枝豆とフライドポテト。

今回、初めてあさりを食べさせてみた、「にく〜」と喜んで食べたよ。

うどんも1杯完食した。残したら私が食べようと思っていたのに全部ペロッと食べてびっくりしたよ。

お腹が満たされたから帰ろう!ってなったんだけど、上の子がちょっとショッピングモールに寄りたいというので、夕飯の買い物もしたいからと立ち寄った。

あわよくば、私に洋服を買ってもらおうと思ったらしいけど、そうは問屋が卸しません笑

靴が欲しい、洋服が欲しい、筆箱が欲しい、彼女の欲望はとまらない。

なんとか、欲望を無視して家に無事にたどり着けてホッとした。

f:id:linlingo:20180326081551j:image